*
*
豊富な商品ラインナップの中からお選びいただけます。
フローリング検索
キーワードで探す
カテゴリーから探す
樹種から探す

アピトン | 木材辞典

アピトン

東南アジア産 ディプテロカルプス属(フタバガキ科)
  • アピトン
  • アピトン
  • アピトン
別名
アピトン(フィリピン)、クルイン(インドネシア、マレーシア)、ヤン(タイ)、チュティール(カンボジア)
産地
インドからインドシナ半島、フィリピン、マレーシア、インドネシアに及ぶ広範な地域に分布しています。産地国によって呼名が異なり、アピトン(フィリピン)、クルイン(マレーシア、インドネシア)、ヤン (タイ)、チュティール (カンボジア)、カイン (ミャンマー)などと呼ばれています。
用途
強く、耐久力もあるので、主に重構造物用に使われている木材です。防腐処理を施して、埠頭杭木、橋梁材、枕木などにも利用され、さらにトラックや貨車のボディ材、床材、羽目板、柱、梁、梱包材、パレットなど広く用いられています。
色調
心材の色は濃灰褐色ないし赤褐色、辺材は淡黄褐色の木材で、境界はあまり明らかではありません。年数を経ると濃色に変化します。
材質
木目はやや交錯しており、肌目は粗、重硬で強い木材です。樹脂分が多くヤニがでること、シリカを含んでいることがあり、加工は困難です。
●気乾比重:0.56〜0.88
耐久性 耐水性 防虫性 強度 加工性 塗装 重さ 高級感
重い --
自然塗料
ウドデッキ材の選び方